高齢者に多く見られる交通事故の特徴と安全運転の心得

交通事故は地域やドライバーの年齢に関係無く発生する大きなトラブルですが、中でも高齢者による事故は他の世代と比べて甚大な被害になりやすい傾向があります。高齢者の交通事故に多く見られる特徴や原因、安全を確保するためにはどのような心掛けが必要なのかを正しく理解し、悲惨な事故を未然に防ぐための工夫を学びましょう。

高齢ドライバーが引き起こす交通事故の詳細

交通事故は自動車の運転ミスが原因で起こるトラブルの一つです。多くの場合、ドライバーが安全確認を怠ったことで発生する他、道路の構造や歩行者の飛び出しなど、様々な原因が事故に繋がります。中でも高齢者に該当するドライバーが引き起こす交通事故は規模が大きく、被害も甚大になりやすいのが特徴です。

信号機や標識の指示に従わず、車両や人で混雑する道路でも急激にスピードを上げるなどの行動が大きな事故に至る原因です。

また、運転を妨げる遮蔽物が無い道路でのハンドル操作ミスや急ブレーキから派生する車両の横転など、異常な運転操作による事故の割合が多いのも高齢者事故の特徴の一つになっています。

高齢ドライバーが大きな事故を引き起こす理由

交通事故は年齢や性別に関係無く、ドライバーであれば誰でも引き起こす可能性があります。その一方で高齢者が起こす事故は被害が甚大なものになりやすい傾向がありますが、これは高齢者が加齢による認知能力の低下に見舞われているのが原因です。

車両の運転は常に周囲の状況を把握して適切に対応する柔軟性が必要になります。この点、高齢者は認知能力の低下によって周囲の状況を把握する観察力が衰えているため、不測の事態に遭遇しても適切な対応が出来ません。

パニックに陥って運転操作を誤り、大きな事故を引き起こしてしまいます。また、高齢ドライバーの中には判断力が著しく低下する認知症を患っているケースもあります。自分が自動車を運転していることを理解出来ず、夢うつつの状態でハンドルを握ってスピードを上げているのが悲惨な事故に結びつく原因です。

信号機や標識の意味がわからず、意味も無く加速や停止を繰り返す高齢ドライバーは他の車両や歩行者を巻き込む大きな事故を起こしやすいので注意が必要です。

高齢者による交通事故を防ぐための工夫

認知能力が低下した高齢者は車両の急加速や車両通行禁止区域への侵入などを意図せずに行うので大きな事故を起こしやすいのが問題です。また、周囲を事故に巻き込むケースも多いことから、安全を確保するためには高齢ドライバーが運転する車両には近づかないのが効果的な対処法になります。

道路交通法では70歳以上の高齢者が運転する車両には専用のマークを提示することが求められていますが、初心者マークとは異なり義務行為ではありません。そのため、マークを付けていない車両を高齢者が運転していることがあります。

交通事故に巻き込まれないためには周囲を走る車両のドライバーをよく見て、運転操作に不具合がある車両からはすぐに離れることを心がけます。

高齢者自身が自動車運転を辞めることの重要性と親族の努め

自動車免許は所有者が自主的に返納することが出来ます。高齢者であれば身体能力の低下を理由に運転免許証を返納することが求められますが、本人に問題があることを自覚していないと返納が難しいのが大きな問題です。特に公共の交通機関が無い地方の町など、自動車による移動が不可欠な地域では運転に支障が及ぶほどの問題があったとしても運転免許証を手放せないのが実情です。

高齢ドライバーの交通事故は自身の身体能力以外に地域性や生活上の問題も原因に繋がっています。そのため、生活面のサポートを考慮するのが高齢者の免許証返納を促進させるためのポイントです。

高齢者が運転上の問題を自覚していない場合、免許証の返納を促すのは親族の努めになります。特に認知症など安全確保に著しい問題がある場合は速やかに免許証の返納を要求することが大切ですが、強要は出来ないので注意が必要です。

高齢者が自分の意思で免許証を返納するように粘り強く説得する他、返納後の生活についてサポートするのが親族に求められる姿勢になります。

交通事故で後遺障害が認められる事例

交通ルールを学び直す重要性と安全運転の心得

交通事故はドライバーの運転ミスが原因の多数を占めますが、交通ルールを知らずに違反しているのも事故の原因の一つです。交通ルールの根拠である道路交通法は定期的に内容が変わるので、常に新しい法規制の内容を把握しておくのが安全運転の心得になります。

特に道路標識の意味や道路の構造に基づく走行方法は全く新しいルールが決まることがあるので注意が必要です。地域の自動車学校では運転講習を開催しているので、最新の道路交通法を学ぶのに最適です。学校での講習の他、書籍やインターネット上の専門サイトでも標識や信号機の意味を学ぶことが可能になっています。

安全運転を守るためには道路交通法を守る他に周囲の状況を正しく把握する観察眼を持つことが大切です。他の車両の運転ミスから起こる貰い事故であっても自身の心がけひとつで避けることが出来るので、ハンドルを握ったら運転に神経を集中させることを心がけます。

高齢者は加齢によって身体機能が低下しているので、周囲の状況を瞬時に把握するのは困難です。また、道路の構造や遮蔽物が原因で視界が大きく妨げられる所もあるので、運転中は指定速度を超えないように気を付けます。

交差点を通過する際は信号機が青でも必ず周囲を確認するのが事故を回避するための心得です。

高齢者に安全運転が大切であることを理解してもらうための工夫

高齢者によっては自動車の運転に口出しされることをひどく嫌がることがあります。また、信号機や標識の指示に従わずに勝手な判断で車両を操作するドライバーも存在しますが、自分勝手な運転は必ず重大な事故に繋がるので速やかにやめさせなければいけません。

運転年数が長い高齢ドライバーの中には道路交通法の改正や交通ルールに関する情報が古いものに留まっているケースがあります。安全に自動車を運転させるためには常に最新の法律やルールを知ることが大切なので、安全運転の必要性を理解してもらうと共に法律やルールについて勉強する姿勢を持ってもらうことが大切です。

頭ごなしの強要は反発に繋がるので、高齢者自身が好奇心を持って新しいルールを学ぶ必要性を理解するように誘導します。高齢者だけではなく、親族も安全運転が大切であることを理解して勉強に取り組むのが事故を未然に回避して快適なドライブを楽しむための条件になります。